アイカワラズタンナ

ロードバイク日記

北海道ツーリング3日目

ちゅんちゅん

 

ん?

 

心地よい風と気温に目がさめる

昨日泊まったみさき台公園にいる

テントから出てみる

すると目の前に広がるは圧巻の景色

 

北海道という感じがする

f:id:dectanc:20180920161228j:image
f:id:dectanc:20180920161231j:image

 

しかし事件は起きた

蹴伸びをして横をチラッとみると

大きい緑色のものが転がっている

そうだテントだ

幸というかなんというか自分のテントではない

友人が使うテントである

悲しいことに使い物にならなくなっている

f:id:dectanc:20180920161447j:image

 

海のそばで遮蔽物がないことから

かなり強めの風が吹く

そのためにこうなったのだろう

こればっかりは仕方ない

構わず進もう

 

ここから稚内まではひたすらオロロンラインを

走る

 

オロロンラインは飽きる感動は最初だけ

といろんなところで聞き見てきたが

私はずっと驚きだった

 

場所によって変わるその景色や様相は

とても飽きることのない絶景であった

 

晴れだったのが功を奏したのだろう

雨だったらうんこでしかなかったかも

そんなオロロンラインの絶景を少し

f:id:dectanc:20180920161852j:image
f:id:dectanc:20180920161849j:image
f:id:dectanc:20180920161843j:image
f:id:dectanc:20180920161846j:image

 

そんなこんなで天塩に到着

時間を見るとかなり危うい

日没は必至である

まぁ仕方ない

 

がそんなことより残りの距離が非常に辛かった

補給する場所がそれこそ稚内までないのだ

さすが北海道

試される大地である

 

とにかく進むしかない

天塩を出てすぐ

かの有名なオトンルイ風力発電所が見えてくる

有名なだけあってひとしきりの感動を覚えた

 

この先が凄かった平原と海原に囲まれた何もな

い道を走る

これが凄かった

感動ものである

 

途中グロテスク現場に遭遇したがそれもまた

自然なのだと実感した

 

とらしくない話しをしているが

写真を見て貰えばわかると思う

f:id:dectanc:20180920162428j:image
f:id:dectanc:20180920162437j:image
f:id:dectanc:20180920162434j:image
f:id:dectanc:20180920162441j:image
f:id:dectanc:20180920162444j:image
f:id:dectanc:20180920162430j:image

その後によったサロベツ原野ここも凄かった

ただの草原だろうとあまり期待していなかった

が木造の遊歩道と相まってなんとも言えない

景色を生み出していた

 

さて時刻は17時ごろ

またオロロンラインに戻るには距離のロスが

激しい抜海駅に行って見たかったが

諦め稚内国道をひたすら走る

19時くらいであったろうか

ついに稚内に到着

 

ここで少しヤマトに寄り道

アマゾンで頼んでいた荷物を受け取る

そうそれこそヘリノックスのチェアゼロだ

開けて少し使って見たが

わかるぞわかるぞ

この良さ素晴らしさを

 

という感じ

まぁとりあえずテント張り飯を食う

ここでトラブルというか自然の猛威を経験する

 

風がひたすらに強いそして鬼うんこ寒い

ご飯食べるのにもブルブル震えながら

軽いものは飛ばされそうになるしと

散々だった

ひさびさにベットで寝たくなったが

寝るしかないので寝る

 

明日はメインの宗谷岬

楽しみだがトラブルが起きないことを祈り

目をつむる

 

しかし寒い

ではでは